好きな言葉は「余剰資金」

現在運用中のHYIP(ハイプ一覧)はこちらから

English version list.

 

今日は香港から帰国したばかりのA氏と仮想(暗号)通貨市場・HYIP(ハイプ)業界の今後の動向について話しました。

私たちのプロフィールはこちらから

A氏は金融のプロフェッショナルなので、プロ目線の冷静な意見を聞くことが出来ました。

今の仮想通貨相場の動き方だと、1日2〜3時間、トレード回数6〜7回、手数料を差し引いてもだいたい8%弱程の利益は確保出来るそうです。

私は優柔不断な性格なので到底無理ですがね(笑)
黙ってホールドです。。

色々と話をしていくと、今の仮想通貨バブルについてはライブドア社を中心に盛り上がったITバブルの時とよく似ていると。

IT関係の会社であれば、どんな会社でも株さえ持っていれば儲かる時代がありました。確かにその時とよく似ています。

皆さんもまさに今体感されているように、今の時期は仮想通貨を手放さずに持っていれば大半の方が儲かります

取引所や新規参入者の増加、ニューヨークでのカンファレンスでの各社の発表などなど、好材料だらけによって主な仮想通貨の価値が上がり、それにつられて今まで見向きもしなかったコインまで上がり調子です。

これはまさに仮想通貨バブルです。

こんなチャンスはなかなかありませんので、今の間に余剰資金を作っておきましょう!

ひょっとしたらHYIP(ハイプ)運営元でさえも仮想通貨トレードに夢中になっているかもしれませんね(笑)

A氏曰く「これはいつまでも続くものではないので、各通貨が適正価格に一旦落ち着く時が来る、その時に持て余している仮想通貨を狙ったHYIP(ハイプ)が動き出すと思うからそこを見極めて早めに投資をかけて逃げ切るという戦略がベスト。」との事。

なるほど確かに現状のバブルが続く事はないかと思うので、今の動きが鈍くなって来た頃にチャンスが来る可能性がありますね。

今までのHYIP(ハイプ)の動きを見ていると、長期継続HYIP(ハイプ)は別として、高利回り短命HYIP(ハイプ)は参入のタイミングによって勝敗が分かれてきます

現在、早期参入逃げ切り型の案件を中心に色々と投資しながら試しているところですのでもうしばらくお待ちください。

余剰資金をどう増やしていくのか。これが今からのテーマです。

そしてタイミングが来たらドカンと突っ込みます(笑)

とりあえずは今晩のリップルがどう動くのか。楽しみで仕方がありません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です